7月定期便の締切6/30

ABOUT

『記憶に残るコーヒーを』

MelCoffeeRoastersの焙煎

ROAST

焙煎

スペシャルティコーヒーは水分含有量が高く、焙煎するには最適な焙煎機を選ばないと格別な味わいを引き出せないと考えてます。
美味しいスペシャルティーコーヒーは焙煎技術で7割決まるとされています。
Mel Coffee Roasters では1968年のプロバットL5の焙煎機と1960年のUG15の焙煎機をリファビッシュ、カスタムし使用しております。
季節が変わると気温や湿度も変わるように、生豆や焙煎機も同じように状態が変わります。その時に合わせて常に最適なローストプロファイルを導き出せるのがこの焙煎機と私達の技術です。
皆様の手に届くまで焙煎技術も常に進化させ、記憶に残る美味しいスペシャルコーヒーとは?を皆様にお届けしたいと思います。

POUR OVER

抽出

Mel Coffee Roastersではメルコーヒーオリジナルの抽出方法も随時研究しております。
焙煎がうまくいっても抽出でつまずくと本来のスペシャルティコーヒーの魅力を十分に引出したとは言えません。コーヒーの抽出方法はたくさんありますが、アプリや記録データをもとにスペシャルティコーヒーに最適な抽出方法を研究しています。
抽出器具、お豆の量、抽出量、抽出取り出し量、抽出温度、コンタクト温度、お豆の挽き目、挽き方、レベリング、アジテーション、抽出時間、コンタクトタイム、抽出回数、抽出量配分、TDS、収率など、こだわりどころを多岐にわたり、テイスティングをし、その成果を店頭では体験いただいております。
基本的には透過式のハンドドリップよる抽出が多いですが、エスプレッソマシン、フレンチプレスやエアロプレスなど、どんな器具でも美味しく味わって頂けるようMel Coffee Roastersは日々進化しています。

SENSORY SKILL

センサリースキル

Mel Coffee Roastersでは抽出や焙煎の技術の土台には優れたセンサリースキル(味覚技術)が重要と考えています。
味わいが理解できないと、よい生豆の選び、よい焙煎、よい抽出、よいカップの判断が出来ないからです。
嗅覚も大事でほのかに感じる濃度でどんな風味なのかレトロナーザルやオルソナーザルを意識し、判断できるよう毎日のカッピングで鍛えます。
Mel Coffee Roasters では、評価が日本で評価が最も高いJapan Brewers Cupでのヘッドジャッジをしているオーナーとともに、スタッフ全員がより味覚、嗅覚を強化し、皆様に本当に美味しいスペシャルティコーヒーを味わい、感じて頂けるよう日々センサリースキルも磨き続けています。